2008年08月01日

『あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール』浜口 直太

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール.jpg
アマゾンで詳細を見る

タイトルと装丁の安っぽさとは裏腹に、
仕事ツール本であるとともに良質の自己啓発本でした。
新入社員だけでなく20代ビジネスパーソンは必読といってもいいでしょう。

本当に「当たり前だと思っているけどなかなかできないこと」が、
101のアイテムに分けられて書かれています。

ツール的な内容では、

『名刺はいつも持ち歩き切らさないようにしよう』

『メモ魔になろう』

『毎日、To Do Listをつくろう』


などがあります。


自己啓発的な内容では、

『毎日大いに挫折しよう』

『職場は人生大学』

『人に変わってもらいたければ、まずは自分が変わろう』


などなど、深い言葉が多数のっています。


思ったのが、新人だからこれらのことができないのではなくて、
初めは意識していても惰性で働いているうちに次々と忘れていく社会人も多いですよね。
個人的には『出退社時にはみんなに元気に挨拶しよう』なんて、
新入社員が一番できています。
会社に長くいる人ほど、この当たり前のことができていない。


とにかく、抑えておくポイント多数アリです。
復職前にもう一度熟読の書ですね(笑)
posted by 地獄坂 at 10:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。