2009年07月27日

さわやか三頭山ハイキング

先週のことだけど、
奥多摩の三頭山(1528m)に登ってきましたよ。

ここはホントに東京都かよっ!
てぐらい遠くて田舎な場所だったけど、
「都民の森」として整備されているから非常に歩きやすいです。
登りは沢から、下りは尾根からのルートで登ったんだけど、
沢の涼しさがとても心地よかった〜

頂上からは、ほら。
笠雲をかぶった富士山がくっきり見えました。
090719_1340~0001.jpg

他に、東京都最高峰雲取山とかも見えましたよ。

難易度も高くないので、
ハイキング気分で登る山として最適かも。


話は変わるけど、
奥多摩を運転していたら、
やたらとロードレーサーに乗ったサイクリストを見たよ。
奥多摩はサイクリストのメッカなんですね。
posted by 地獄坂 at 21:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

『トランスフォーマー/リベンジ』

久々に映画をこきおろしますよ〜

『リベンジ』を観終わった後、なんで自分は、
前作を観てあんなに興奮していたのかわからなくなってしまった。
とにかく、苦痛の二時間半でした。
始めの30分間でお腹いっぱいになり、パンパンになっているところを、
「もうやめて」というぐらい映像を詰め込まれている感じでした(笑)


映画は冒頭から、米軍と正義のオートロボが共同戦線を張って、
悪のオートロボと戦うシーンから始まります。
その映像の迫力は実に壮大なもので、自分はここでお腹いっぱいになりました。
「こんな見せ場を冒頭に見せていいのか?」と思いきや、
それから二時間強、米軍&正義ロボと悪ロボの戦闘が延々と続きました。
おいしいケーキも、食い放題だと苦痛になるものですね。
「おもしろい!」と思ったのは冒頭の戦闘シーンだけでした。

そもそもこの映画は米軍かロボットフェチが壮大なアクションシーンを楽しむ映画で、
ストーリー自体はめちゃくちゃなんです。
なんで、悪のロボットは地球に攻め込んで来て人類を滅亡させる気なのか。
なんで、米軍と正義のロボットが共同戦線を張っているのか。
なんで、主人公の青年(とその彼女)がキーマンになって宝探しみたいなことをしているのか。
なんで、主人公の青年とその彼女は戦場のど真ん中でいちゃついているのか(笑)
これらすべてのストーリーをテキトーな説明で終わらせていて、合理性が全くないのです。
おそらく監督は壮大なアクションシーンが撮れたらストーリーなんてどうでもいいのでしょう。

こんなトンデモ加減を許せる寛容性がないとこの映画は楽しめないのでしょう。
しかし、この映画の前に『ディアドクター』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 』と、
ストーリー自体がすばらしい映画を観ていた自分にとっては、
『リベンジ』のいい加減さに腹が立ってしょうがありませんでした。


とにかく、『リベンジ』は米軍かロボットフェチにしかオススメできない映画です。
posted by 地獄坂 at 14:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本』斎藤 茂太

会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本.jpg
アマゾンで詳細を見る

実に斎藤茂太さんらしい癒しに満ちた本でした。
この一冊で茂太さんの考え方のエッセンスがわかるでしょう。

人間関係でくよくよと悩みがちな自分にとっても、
アドバイスが多い本でした。
なかでも「孤独に思う心」を逆に人間関係の推進力とすること。
「孤独」は人間ならば誰でも感じること。
でも社交性が高い人はそれを利用して勇気を出して、
周りの人たちに働きかけているだけ。
自他共に認める内向的な自分にとっては、
非常に参考になるポイントでした。


タイトルどおり、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったときに読むと、
何がしかの収穫は得られる本だと思います。
posted by 地獄坂 at 12:37| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

「2作目でここまで盛り上がっていいのか!」
と逆に今後の展開を心配するほどの出来でした。
とにかく、見所が多くて全く飽きなかったです。

二時間という短い枠で、平和な日常と、
使徒が襲い来る恐怖をテンポ良く交互に描いていき、
ラストはTV版で最高の見せ場だった回を、
それを上回る上質な展開に仕立て上げて締めくくりました。
まさに圧巻です。


『序』はTV版のリメイクというイメージが強かったけど、
『破』では明らかにTV版からストーリーが離れて行ってましたね。
10年前のエヴァは、大風呂敷を広げに広げて、結局たたみきれなかったけど、
本シーズンでは大風呂敷をちゃんとたたむ心意気があると感じましたね。


個人的には、新キャラの眼鏡っ子マリの暴れっぷりに、
めっちゃ興奮しました。この子強いです。


エヴァファンなら、間違いなく劇場で必見。
posted by 地獄坂 at 20:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ディア・ドクター』

何の予備知識もなく観に行ったのが大正解でしたね。
観る前はただの僻地医療の人情ドラマだと思っていたけど、
待っていたのは、もっと深いテーマを含んだ作品でした。
それは「医者とはどんな存在か」「人を治すとはどういうことか」というテーマでした。

本作は、ある僻地の医師の失踪事件と、
その医師の仕事ぶりの回想シーンが交互に織り交ぜられ語られます。
物語が進むにつれ、笑福亭鶴瓶がどんな人間で、
何を考えながら僻地の人々を診ていたかが段々わかってきます。
それがまるでサスペンスのような謎解きで、実に面白い。

その面白さを可能にしているのが、
緻密な僻地医療の描写と絶妙な演出ですね。
終わったあと思い出してみると、
この映画には無駄なシーンはほとんどありませんでした。
全てのシーンが登場人物の複雑な心情を表していて、
観客の想像力を膨らませてくれました。
そんな恐ろしいほど完成度が高い映画です。


しかし、『ディア・ドクター』は『おくりびと』のように観客を泣かせない。
泣かせられそうなシーンはいくつもあったのに。
ただ、観終わった後、自分はほっこりと微笑みました。

邦画らしい、本当にいい映画を観ました。
posted by 地獄坂 at 20:33| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

百名山一個もうけ!

IMG_3228.JPG

先週は、那須へ一泊二日の部署旅行。
まったり温泉旅行かと思ったら、
なんと登山プランが!
(1800mまでケーブルカーだったけど)

そういうわけで登ってきました茶臼岳。
みんなのんびりハイキングだと思ってたけど、
意外や意外、山頂近くは硫黄臭いガレ場でした。
自分ひとりだけテンション上がって登ってしまった(笑)

あいにく、天気は曇りだったけど、
気持ちのいい登山でした。

百名山一個とくした!
posted by 地獄坂 at 21:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。